ユーザインタフェース①

最終更新: 4月5日


Mendixでページとフォームを作成するには?


Mendix StudioとMendix Studio Proには、表示すべきデータが変化する動的ページと、決まった情報を表示する静的ページの両方の作成ができるビジュアルページエディターがあります。


複数のアプリプロファイルをサポートできるため、基になるアプリロジック等を再利用しながら、デバイス固有のアプリフローとページレイアウトで複数の種類のデバイスをターゲットにすることができます。


Mendix


再利用可能なページ要素を作成するには?


Mendix では、ページでの再利用をサポートしています。


一つ目の方法は、レイアウトを使用して、1個以上のコンテンツブロックを持つデフォルトのページ構造を定義することです。

たとえば、Mendixでは、ページ固有のコンテンツと共有ヘッダー、ページの左側のメニュー、フッターを組み合わせたページを簡単に定義できます。

レイアウト要素が適応されると、同じレイアウトを共有するページがすべて変更されるため、他のページに変更した要素を複製する手間が不要となります。


二つ目の方法は、スニペットを使用して、複数のページから参照されるウィジェットのグループを定義することです。

モデルを一か所に保存し、ウィジェットのグループを調整すればOKです。

ウィジェットのグループをスニペットに変換する「スニペット作成」機能は1クリックで使用可能なので、簡単に再利用することができます。


Mendix ページ


自社ブランドのテンプレートとスタイル設定を使用したい!


Mendixは、すぐに使用できる美しいデザイン性を備えたAtlas UIリソースのセットを豊富に提供しています。 これらのリソースを使えば、プロジェクトを簡単に開始することができます。


Atlas UIは、自社ブランドや自社固有のUIリソースのセットに調整することも、リソースを完全に置き換えることもできます。

自社固有のリソースには、会社の設計標準とベストプラクティスに完全に準拠したテーマ、レイアウト、ページテンプレート、およびビルディングブロックを内包することができます。


これらのUIリソースをMendix Private App Storeで公開して、会社のすべてのアプリで利用できるようにすることも可能です。


このようなリソースはすぐに使用でき、必要に応じて更新することもできるため、ブランディング、再利用、標準化が非常に簡単でコスト削減にもつながります。



30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示