ポテトスターチ製品のグローバルメーカーであるAvebe社が、Mendix Low-Codeを活用して工場計画と物流の効率化を実現


本文はMendix社の記事を翻訳したものです。原文はこちらからご覧いただけます。



ローコードで構築された新しい輸送・計画アプリケーションは、リアルタイムの現場情報をSAPエンタープライズシステムと統合し、Avebe社の食品生産とオペレーションを実現しました。



2020年7月29日、シーメンスの事業会社であり、ボストンにあるエンタープライズ・ローコードの世界的リーダーであるMendix社は、ポテトスターチ品種とポテトベースの食品派生品の世界的な協同組合であるAvebe社が、工場施設とその協同組合の農家のために、物流と計画プロセスを合理化するために設計されたソフトウェアソリューション「Internal Starch Flow」を開発したことを発表しました。


Internal Starch Flowは、不必要な輸送の遅れを排除し、ジャガイモ由来のデンプンやタンパク質の出荷と、それらの植物性タンパク質の処理に最適な化学プラントとのマッチングを正確に行います。2,200以上の生産者から毎日出荷されるこのアプリケーションは、工場での製品拒否やその他の生産遅延の可能性を大幅に削減し、Avebe社の協同組合メンバーに最適な価格を保証します。




さまざまな分野を結びつける


Internal Starch Flowアプリケーションは、様々な分野から集まった6人のパートタイム従業員のチームが、Mendixローコード・プラットフォームを使用して10週間で構築しました。


Avebe社のソフトウェア・ソリューションは、ドライバー用のモバイル・アプリを備えた管理環境と、複数のSAPバックエンド・モジュールと完全に統合された物流プランナーおよび工場オペレーター用の独立したインターフェイスで構成されています。SAPシステム上で動作するビジネスクリティカルなシステムとデジタル化された物流プロセスの統合は、この産業分野ではユニークなものであり、ローコードのエンタープライズグレードの接続性の能力によって可能になりました。


ローコードとは、様々なレベルの開発者が、グラフィカル・ユーザー・インターフェースを介して、ドラッグ・アンド・ドロップのコンポーネントとモデル駆動型のロジックを使って、ウェブやモバイル用のアプリケーションを素早く作成することができるビジュアルな開発手法のことです。



Avebe社のICTディレクターであるGijs Bleeker氏は「以前は、オペレーターがサイロまで物理的に歩いて、引き上げるでんぷんの量を測定していました。Mendixを使うことで、このプロセスをスマートかつ革新的な方法で自動化することができました。サイロに貯蔵されている製品の量をより正確に把握することで、生産拠点へのでんぷんの分配をより効率的に行うことができ、ドライバーの待ち時間が短縮され、処理の終了時に在庫の差が小さくなることで評価の損が減少します」と述べています。




結びついたモバイル・デバイスを使って輸送物流を改善


Avebe社の輸送ニーズは、外部のサードパーティ・プロバイダーに委託されており、レガシーシステムはオフサイトに設置されています。そのため、開発者は膨大な数のシナリオを作成し、Internal Starch Flowのユーザーインターフェイスを介して複数のシステムと情報をリンクさせる必要がありました。


Avebe社の革新的なモバイルソリューションは、特定の場所での貨物の積み込みから、目的の工場や施設での荷降ろしまで、ドライバーを物流のチェックポイントに案内します。ドライバーは、積み込み場所でモバイルアプリを使用してQRコードをスキャンします。配送先では、ドライバーは別のQRコードをスキャンして、貨物を降ろすべきかどうかを確認します。QRコードをスキャンすることで、データはAvebe社のマスターリストや生産拠点の生産管理システムと照合される。その情報はSAPデータベースにアップロードされ、在庫や棚卸しの数値が自動的に更新される。


これらの革新的な技術により、手作業による貨物のパッキングリストや、それに伴う在庫状況の把握や透明性の欠如は過去のものとなります。これまでは、荷受証の受け渡しにも、Excelのシートをメールで送って手作業で行っていました。しかしこれからは、ドライバーによる納品確認などの書類作成も、Avebe社のアプリケーションによって自動化されます。


このアプリを使うと、トラックの積み下ろし作業が1時間程度に短縮されます。以前は、トラックが荷降ろし場所に長時間並ぶことも珍しくありませんでした。Internal Starch Flowアプリは、GPS対応のタイムスタンプを使用してトラックの位置情報をリアルタイムに提供し、正確なデータを提供することで、計画性を高め、物流プロセスのコストを削減しています。




ローコードでユニークでインパクトのあるソリューションを構築


Avebe社のICTアーキテクチャーマネージャーであるErik Dijck氏は、「これですべての関係者がリアルタイムの見通しを得られる。これは市場における真の突破口と言えるでしょう。ドライバーは全員トレーニングを受け、アプリケーションの開発プロセスにも参加しました。これは、成功のための不可欠な要素であることが証明されました」と述べています。


さらにMendixのカスタマーサクセスマネージャーであるDennis Muller氏は「私たちの目標は、企業が今日的なインパクトを与えるアプリケーションを作るのを支援することです。Internal Starch Flowは、Avebe社が物流プロセスや在庫についての理解を深め、お客様には最適な製品を、ポテト生産者には適正な価格で提供するのに役立っています。また、Mendixプラットフォームが既存のSAPソリューションを補完する方法がほぼ無限にあることを示しています」と述べています。


29回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【Mendix事例】オランダの大手保険会社がMendixのローコードを採用、デジタルトランスフォーメーションを加速

Mendixローコードは、ソフトウェア開発プロセスを抽象化、自動化するプラットフォームで、難解なコードを視覚的なドラッグ&ドロップのパラダイムに置き換えることで、技術者ではないあらゆるスキルレベルのアプリケーション"メーカー"が開発プロセスに参加できるように手助けします。