• ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • YouTube

DXの鍵は内製化

~シチズンデベロッパーがビジネスを変える~

内製化でDXを実現するための3つの要素

DX内製化を実現するには

Mendixを使ってすぐに始められるDXを

体験してみましょう!

利用期間や機能の制限無し、

すべて無料簡単に始められます。
 

Go make it!

自分のアイデアを

実現しよう

セミナー・イベント

Mendixを使ったDX内製化の始め方や、

ハンズオンでのMendix体験に無料で参加できます。
またプロ開発者向けに資格取得コース(有償)も

ご案内しております。

1/3
Alnetz
mendix

H.Tさん(シチズンデベロッパー)

K.Nさん(プロ開発者)

 運用についてはMendixクラウドにデプロイするだけ、ということで、開発・運用の実態に集中できます。
​ 

 ビジュアル開発ができる(特に画面の開発が手早くできる)ことで、試行錯誤や仕様変更に対する心理的なハードルが非常に下がりますね。
 

 Mendixは、これまでプロ開発者が実現してきた開発範囲をほぼカバーしています。  

R.Iさん(アプリ発注者)

 開発の経験は全くなかったので、ただ漠然と開発=難しいものだという意識でした。

 色や文字の大きさなど自由かつ簡単に試せるのは良い点ですね。

 こんな機能のアプリがあればな、というのをエクセル感覚で自分で実現できるようになればとても便利だと思います。

 最終的に作成した小さなアプリをすべて集約すれば一括で業務を管理できそう。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が業界で囁かれる昨今で、 新たなビジネスモデルを模索していた私にとって、Mendixには大きな期待を寄せていました。

 業務フローがシンプルなものに対しては、より効果を発揮すると思います。スクラッチ開発と比較して生産性が高いですね。

 クラウド型アプリ開発プラットフォームなのでテレワークにも向いていると思います。

資料

​ダウンロード

ALNETzが提供するDX内製化支援サービスの概要やセミナー資料、Mendixの紹介や他社比較表などをご用意しております。

ダウンロードの上、ぜひともご活用ください。

 

​Mendix体験者の声

 

お問い合わせ

神奈川県横浜市中区本町1-3 綜通横浜ビル10F

TEL:045-222-8840
FAX:045-222-8839

  • Facebook
  • グレーTwitterのアイコン
  • YouTube
 

​最新情報をお届けいたします。メルマガ購読登録はこちら。

Copyright © 2020 Alnetz Co., Ltd. All Rights Reserved.