DXの鍵は内製化

~シチズンデベロッパーがビジネスを変える~

まずは現場から

DXはDX推進チームが推進するもの、自分の部署には関係ない…と思っていませんか?

毎日の業務で行っているExcelへの入力、集計や分析資料作成、帳票の出力、稟議やワークフロー...。少しでも減らせたら業務がスピードアップできるのに...。

DXはまずは現場から。身近なところからいつでもスタートできるものなのです。

 

シチズンデベロッパー

誰でもシチズンデベロッパーになれる

DXってシステムを開発するんでしょ?システムを作ったことなんてないし、自分には向いてない…。

ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか。

しかし、最近ではシチズンデベロッパーになるのはそれほど難しくなくなりました。

なぜなら、手元のPCにダウンロードしたツール上で業務の流れに沿ってパーツを組み立てていくと、Web上で利用できるアプリケーションが簡単に作れるようになったからです。

すぐにスピードアップを体感できる

サーバーもクラウド契約も不要です。出来上がったアプリを無料環境にアップするだけでチーム内のDXがスタートできます。

効果を体感できたら、関連部門やお客様とのやり取りに広げていきましょう。

まずは日々繰り返し入力しているエクセルシートや帳票から。すぐにスピードアップが感じられます。