Go make it! ​無料体験
まずは事前準備(登録とモデラーインストール)
Mendixでアプリケーション開発を行う際に必要なアカウントの作成やMendix Studio Pro開発プラットフォームのインストール方法、またプラットフォームのインターフェースについて下記の各動画で手順を紹介していきます。
動画を参照して、まずは事前準備から始めましょう。

『Mendix アカウント作成方法』

※こちらの「Mendixのアカウントを作成する」ボタンからもアクセスできます。↓

『Mendix Studio Proインストール方法』

※動画内で説明しているボタンはこちらです(2021年3月更新)↓

『Mendix Studio Pro インターフェース』

サンプルアプリケーションを使用する方法

​実際にどのようなアプリケーションを構築することができるのか、サンプルアプリケーションで体験して頂けます。こちらではサンプルアプリケーションの提供と使い方について解説します。

①上記の事前準備(『まずは事前準備(登録とモデラーインストール)』)に従って、Mendix Studio Pro最新バージョンをインストールします。こちらからインストールを行えます。

※ご利用いただくサンプルアプリケーションのバージョン以降のものをインストールしてください。
 

②下記の『サンプルアプリケーション』からサンプルアプリケーションをダウンロードします。

 

③ダウンロードしたサンプルアプリケーションのファイルを指定した場所に開封し、その中の"mpr"ファイル(例えば「DXAlnetzSampleApp.mpr」)を開きます。※画像参照。

​※開く際に時間がかかる場合があります。ご了承ください。

④開くことができたら、Mendix Studio Pro上で既存の機能の修正や、新たな機能の追加などお好きに開発していただけます。またRun LocallyからViewをすることでプレビューを確認することができます。

開発についてもっと知りたい!という方は無償のセミナーにご参加ください。※画像参照。
 

ダウンロード手順
サンプルアプリケーション
​ALNETzが提供しているMendixのサンプルAppです。「アプリを体験する」ボタンからそのアプリケーションを実際に体験していただけます。「ダウンロード」ボタンからサンプルアプリケーションのパッケージをダウンロードして開発画面を確認、機能の追加や修正を行えます。ご活用ください。

社員管理アプリ(ver 8.13.0)

『社員管理アプリ』は無料セミナー「DX推進Mendix体験セミナー」で実際に取り扱っているものと同じものです。開発を体験してみたい、学んでみたいという方はこちらから無償セミナーにご参加いただけます。